この世界はパターンでしかない②

この世界はパターンでしかない

 

しかし、あなたの持っているパターンは

もともと無かった

 

無いところからパターンがあるようになっている

 

自分の回りを見渡せば

 

すべて無いところから有るようになっている

 

無いところからから有るようになる

 

あなたの持っているパターンも

どこからか花開いた瞬間がある

 

パターンが出たときに

無いところから有るようになった

自分のパターンの物語を

少し見つめてみてほしい

 

 

この世界はパターンでしかない

あなたのその感情も

その考えもパターンでしかない

 

お金が増えたり減ったりするのも

パターンでしかない

 

あなたが何を好きでなにが嫌いかもパターンでしかない

 

雨が降るのも風が吹くのもパターンでしかない

 

地球が回るのも

銀河が回るのもパターンでしかない

 

またもう一度

そのパターンでもやってみたいと

思える人生ならばいいんじゃないか・・・

 

なんの意味もないと思い続けた時間のなかで

ふと

 

「こんな人生もありかな」

 

と思える人生があれば

それだけでいいんじゃないか・・・


f:id:dakesu:20180917222636j:image

福祉にとって「尊厳を規定できること」の重要性

尊厳(Dignity)

 

新卒で入社してから介護の仕事を6年間やっていた

介護の仕事だけでなく

福祉業界で一番大切な言葉といえば

 

「尊厳」だろう・・・


f:id:dakesu:20180828182258j:image

 

介護の仕事でなら

高齢となり身体機能が低下した状態で

どれだけ高齢者がその人らしく

尊厳をもって

生活していける手助けが出来るのか

 

高齢者や児童など

分野は違えど福祉の仕事は

尊厳を扱う

 

尊厳を保証することを

仕事にしてるといっても

差し支えないだろう

 

だが、福祉の業界で

「尊厳」という言葉を規定できていない

 

全ての福祉従事者が完全に一致した

尊厳のイメージを持ち合わせていない

 

同じ尊厳という言葉をつかっていても

 

Aさんにとっての

尊厳のイメージは「尊厳a」で

Bさんにとっての

尊厳のイメージは「尊厳b」という状態だ

 

誰しも納得できるような尊厳とはいったい何なのか?

 

それについて考えていた頃もあった。

しかし、現場は忙しいので

そういう考えは棚に上げて

介護をするという状況がどこの現場にもあるだろう。

 

他者の尊厳を規定できないということは

自分の尊厳も規定できないということだ

 

そんな状態で 介護の現場で働いていたことに 違和感を感じていた

 

歳を取って

介護が必要になったということだけで

その人から尊厳がなくなってしまう

生きていることに申し訳なさを感じてしまう

 

そんな 条件状況で左右されるようなものが

尊厳であるならば

尊く厳かなものとは言えないだろう

 

どうしたら誰でも納得できる尊厳というイメージを獲得できるだろうか

 

福祉従事者だけでなく福祉の利用者も

同時に平等に尊厳を感じながら

関係性を作れること

それがどうやったらできるのか

 

それには尊厳の規定が必要だ

 

誰しもが理解納得して

 

「あぁこれが尊厳だね」

 

という規定ができること

お互いの尊厳を認識し合えること

 

 

自分にとって大きな疑問だった

 

尊厳とは?

 

その答えを知るきっかけになったのが

認識技術(nTech)でした。

 


The Path to wisdom2.0(3min.) - YouTube

 

西洋から多くの仕組みや概念を取り入れて

今の日本の福祉がある

 

しかし、尊厳を規定できていないのは

日本も西洋も変わりはしないだろう。

 

全ての人の人生に必ず関わってくる福祉

 

福祉の完成のための

最後のワンピースは日本から生まれている


未来技術・観術とは? - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙が実在しないとしても・・・

「宇宙は実在していない」


そんな言葉を聞くとどんなイメージがわきますか?

 


- 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観 - YouTube


いま私が見えている宇宙は消えてしまうのか!?

自分が消えてしまうかもしれない!?


そんなイメージが湧くのかもしれませんね・・・

 


反物質の研究から「宇宙はやっぱり存在できないはず」となるデータが明らかに - GIGAZINE


たとえ自分と自分の宇宙は実在しないと

認識できたとしても


いつもと変わらないように

東の空からしか太陽は昇らないし

日が昇れば朝になるし

春にならないと桜は咲かないし

お昼になれば お腹もへるし

おやつの時間になって小腹がすいたらお菓子もたべれる

 

何も困らない


f:id:dakesu:20180827191346j:image

 

 


自分と自分の宇宙は実在しないということが 理解できたとして

目の前に見えてる世界は消えるわけではない

もし、本当に消えてしまったんなら

脳神経外科に受診すべきだ


ただ,自分と自分の宇宙は実在しないとわかることで

ほんの少しの変化が生まれる


いつもより少しだけ隣の人が愛おしく見えるし

いつもより少しだけ隣の人との関係性がよくなるし

自分とすれ違う花や風を美しいなぁと感じるれるようになる


少しとは言っているが

今までの人類が戦争や憎しみあいの歴史を続けているのを考えれば

隣の人が愛おしくなるのと

となりの人との関係性が良くなるのは


そのほんの少しの変化がとてもとても 大きくて劇的な変化


自分と自分の宇宙がない


それは認識の基準点が変わること


目の前のもの存在が消えるわけではない

もし本当に消えてしまったんなら

ほんとに病院に受診すべきだ


自分と自分の宇宙は無い

 

そのことで生まれる

隣の人との美しい関係性

 

そのことで生まれる

もの存在の中にある尊厳を感じられること


美しい関係性の中で生活し、全ての存在の中にある尊厳を見ることができる

そういった人生を送るれることが

どれだけ人生の中で大きなことだろうか


一番小さいがたくさん集まって大きいが生まれるように


この世で一番小さいほんの少しの変化を本当に生むことができること

それが宇宙を変えるほどの一番大きな大きな変化だと思う

 


The Path to wisdom2.0(3min.) - YouTube

 

 

 

一人でやらねばいけないことなどひとつもない

この世に

自分一人でやらねばいけないことなど

ひとつもない

 
f:id:dakesu:20180215091912j:image

一人でやれた方がいいことは

たくさんあるが

一人でやらねばいけないことは

ひとつもない

 

一人でやれた方が

手っ取り早いこともあるし

何より

出来ることが増えれば

楽しめることが増える。

 

しかし、

一人でやれた方がいいことを

一人でやらねばいけないこと

だと

錯覚すると大変だ

 

以前、介護の仕事をしていたけども

トイレやお風呂も

歳を取ると

当たり前に一人でやってることが

それが当たり前にではないと

つくづく思う。

 

「これは一人でやらなければいけないもの」

 

なんてものはこの宇宙に存在しない

 

一人でやれた方がいいものは沢山あるけど

一人でやらねばいけないことなど一つもないのだ

 

(相手が一緒にやってくれるかどうかは相手の意思を尊重しないといけないけど・・・)

 


不必要になることを基準点に - dakesu’s blog

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションと扇風機

暑い・・・(-_-;)

とにかく今年の夏は暑い。

 

ので、自宅の扇風機を回すが

全然風が来ないので

扇風機の裏のカバーと羽、正面のカバーに

こびりついた埃を掃除した

 

すると風がよく出る

 

推察するに

 

裏のカバーのほこりがとれて

空気を吸い込みやすくなって

 

羽のほこりをとることで

吸い込んだ空気を方向性のある

風に変えやすくなり

 

正面のカバーのほこりをとることで

風が前に飛びやすくなったものと

思われる

 

人とのコミュニケーションも

扇風機とおなじで

 

相手の話を取り入れて

それに対して思考してを回して

言葉にする

 

扇風機はながく使えばほこりがたまる

人もながく生きてると

コミュニケーションに独特のクセがつく

 

クセの強さが個性でもあるけど

 

なんかいつもそのパターンで失敗するよなぁ

 

といったコミュニケーションの失敗が

あるのなら

 

扇風機のほこりが

風を起こすのを邪魔するようにと

同じように

 

長年のやりたくないのにやっちゃうクセが

蓄積されて

コミュニケーションを邪魔しているのかも

 

扇風機は掃除すればこびりついた

ほこりはリセットできるけど

 

自分が無意識にやっちゃう

コミュニケーションのパターンを

リセットするのは不可能に近い

 

何かと出会いの多い夏だから

いろんな人とコミュニケーションを

楽しめるようになれてらいいもんだ


塩見講師の「観術コミュニケーション講座 」 - YouTube