人生は最高のRPG ②

前回に引き続き

人生は最高のRPGだよの話


f:id:dakesu:20180627075315j:image

 

自分が仕事で管理職へなることをすすめてきた上司の疲れた顔や

普段の板挟みで苦しむ中級管理職の姿を観ていると

 

「管理職なんて絶対なりたくない」

「絶対ドラクエのほうが楽しそうやん」

 

と思って管理職への道はお断りしてドラクエの世界に没入

 

上司からは

「今のその選択が社会人として今後どんな影響が出るかわからないよ」

 

と心配されましたが

ありがたく参考には聞きましたが考えを変えることなく

 

毎日、仕事から帰ってはドラクエの世界の

顔も見たことのない友達との交流に生きがいをおぼえる日々となりました。

 

そんなこんなで

1000時間ほどプレイ時間を重ねたのを記念に

魔王ネルゲルを倒してみようかなと思いたち

 

いともたやすく魔王を倒してしまった。

 

魔王をたおしたら過去のドラクエはエンディングを迎えて

ハッピーエンドなのだが

 

ドラクエⅩがオンラインゲームだったおかげで

魔王を倒してエンディングを観てもゲームの世界は終わらない

終わらないのでどんどん続けてこうと思ったけども

 

レベルを上げても魔王はいない

強い武器を買っても魔王はいない

仲間と冒険に出ても魔王はいない

 

ドラクエの世界でやることがなくなってしまった

現実世界も昇進を蹴ってやることもないのに

ゲームの世界もやることがなくなってしまった。

 

その時に25歳だったので

「25にして自分の人生の生きがいを失った」

と思ってしまった。

 

ゲームが自分にとって唯一の楽しみを与えてくれるものだったのです

 

人生がつまらないのもゲームでやることがなくなったのも

 

その原因は

「自分で楽しみを作り出せないこと」

だと

今、認識技術を学んでから振り返ると感じる。

 

楽しみを作り出せないのは

自分の作り出した自分のイメージに世の中のイメージに

固まって何もしたくなくなっていたから

 

人生を最高のRPGにできる

自分の変化におどろきです。

 

 

 

人生は最高のRPG! ①

今回は人生なんてつまらない

と思っていた自分が

自分の人生は

最高のRPGだと感じるようになった

変化のお話・・・

 

人生は最高のロールプレイングゲームだ。


f:id:dakesu:20180618141202j:image

(ドラクエで有名な堀井さんもそういってるし!)

 

主人公は自分だし仲間になってくれるたくさんの人たち

どこまでもどこまでも広がる世界に多くの問題がたくさん

 

この問題を一つのクエストとするなら

問題を解決するために仕事をしたり、ボランティアをしたり

一つ一つの試練を解決していくことが人生の醍醐味であり

それこそが人生とロールプレイングゲームの共通点だろう

 

そんなことを言っちゃってる自分ですが

とある出来事が起こるまで、自分はこの社会で生きることはとてもつまらなかった。

 

なぜなら、解決策の見えない問題がたくさんあるし、仕事はつまらないし

そもそもこの社会が、バブルが崩壊していこう解決策のない不況。

なんやかんや言っても生まれた家庭によって決まる格差

 

そんなのを見ているとこの社会もなんだか詰んでるなと感じていた。

 

要するに「つまらん」のだ

 

現実世界はつまらないので

ドラクエⅩをやりまくって

会社での出世の話を聞いても

 

ドラクエのレベル上げのほうが

大切だと思って出世は蹴った

 

自分にとってはドラクエの世界が

重要で

現実世界はドラクエを継続するための

飯を食うための手段くらいになっていた

 

そんな感じでどんどんオンラインゲームの

世界にのめり込んでいって自分に

 

とある事件が起きました・・・

 

続きは次回で

 

 

チョコミントとわびさび

ミントの清涼感のなかのチョコの甘さを

「わび」とするならば

 

チョコの甘さとともにある

ミントの清涼感は「さび」と言えようか

 


f:id:dakesu:20180622221902j:image

 

美味しいチョコミント

「わび!・さび」  でも  「わび・さび!」

でもない

わびとさびを分離させずに

一体とすること

 

そこに

美味しいチョコミントの秘訣が

あるのではなかろうか

 

アイス1つのなかにも

わびさびが重要なのだ

 


f:id:dakesu:20180622222025j:image



 

がんばることは「1つだけ」でいい

この世にはがんばらなければ

いけないことが

ただひとつだけある!

 

日本人は

「がんばっている」という状態に

無駄で無用で過度な美徳を感じやすいが

そんなことはない

 

自分が「がんばっている」ことに美徳を感じるからといって

他人に押し付ける権利もない

 

押し付けてる方は気持ちがいいかもしれないが周りは迷惑である。

 

この世で頑張っていいことは

ただ1つ

それは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来に

がんばらなくていいようにするために

今だけがんばる

 

それだけだ(^-^)


f:id:dakesu:20180531171213j:image

自分と自分のガンダムNT③「NTを創るnT」

ガンダムNT

f:id:dakesu:20180506123030j:plain



ガンダムNTガンプラも発売されるみたいで

プラモ作りたくてウズウズします・・・。

 

ガンダムNT

ナラティブの「NT」とニュータイプの「NT」をかけてるみたいで

ニィータイプを再編纂するという感じらしいですね

 

宇宙世紀もののガンダムにとってニュータイプをどう描くのかは

かなり重要な要素になってくるので

ガンダムナラティブってタイトルだけでワクワクしてきます

 

前回のブログで

人を変化させるのは教育が必要と書きましたが

http://dakesu.hatenablog.com/entry/2018/05/22/071851

 

認識を拡張させる技術が

日本から生まれているのはご存知だろうか

 

その名も

nTech(nテック)

 

人の認識を変化移動上昇させる技術で

 

人は宇宙に行かなければ認識が拡張されないと思って

中二の頃にニュータイプへの人の確信を諦めた自分としては

かなりヒットした。

 

そうは言われても人間の認識をどんな状態から拡張させるのかというと

 

脳のクセに固定した認識を拡張させるわけです


「脳のクセ(仕組み)」 - YouTube

 

人間は地球の重力に魂を縛られているのでなく

人間の脳のクセに魂を縛られているのです

 

 

AIができて人間を超えるとチラホラ言われる昨今

人間にしかできない認識からくる

知恵や判断。

認識が広がった人たちが連帯して創る社会。

 

nTech(認識技術ともいう)は

全ての存在がもつ

存在の根底にある

すべての存在を存在たらしめ生み出す

シンプルなワンパターンの法則で捉える。

 

ガンダムで語られる

あるがままを見ただけで物事の本質を理解できる。

真に解り合い理解し合い争いを必要としない人類。

 

としてのニュータイプ

 

そのニュータイプに必要な認識という領域

 

 

日本から生まれた

人の認識をバージョンアップさせる

ニュータイプ(NT)を創るnTech(NT)

 

nTechをたくさんの人に知ってもらいたい。


“ゼロ”のAI進化と“O=∞=1”の人間進化~アルファ碁ゼロの登場から考えるPersonal Universe開発の時代~ - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

自分と自分のガンダムNT②「出来事では人は変わらないない」

 ガンダムNT(ナラティブ)

 


f:id:dakesu:20180506123030j:image

 

ガンダムユニコーンの続編として 放送されることは決定した。

前作のガンダムユニコーンが大好きなので

今からとても楽しみである。

 

だが

ガンダムNTのあらすじを見てショックなことがあった。

それはガンダムUCの中で

ラプラスの箱が開けられたというのに

 

人類は

大きな変化を迎えずにいるということだ

 

1年戦争アクシズショック。

ラプラスの箱が開けられても

人間は変わることはなく

地球の重力に魂を引かれた状態のまま

人の革新を迎えることができず。

争いを克服することができない。

 

これを見て思ったのが

 

人間の変化を作るのは出来事ではないということだ

 

シャアがアクシズを地球に落とし人類をニュータイプへ導こうとしても

アクシズショックが起きたとしても

ラプラスの箱を開けて宇宙世紀憲章に書かれている

先人たちの願いを知っても

人類は変わらない・・・。




出来事で人は変わらないのはガンダムの中だけの話ではない



自分が生きてきた中で大きな出来事は何個かあった

9.11や東日本大震災などの大きな出来事があったとしても

 

人が人を戦争で殺しあうこと今でも続いている



人の変化に 必要なものは出来事ではなく教育だ



フランス革や明治維新など

大きな出来事が歴史を変えてきた

しかし、そんな出来事が起きる裏側には

ルソーや吉田松陰と言ったみたいな啓蒙家や教育者に

感化や教育を受けた人たちの活躍が必ずある

 

たぶん、シャアがアクシズを地球に落としても

人類は変わらなかっただろう

なぜなら人間をニュータイプにできる仕組みがわからないかからだ。

 

認識が拡張された新しい人類

ニュータイプを創る教育がもしあったのなら

シャア地球にアクシズを落とさずに済んだだろう

 

時代や社会は多くんの人が集まることによってできている。

人が変われば時代や社会を変えることができる。

 

ガンダムNTの未来の話であるF91Vガンダムでも戦争は終わっていない。



まだまだガンダムNTでは

アムロとシャアが夢見た

人類がニュータイプになって

争いを必要としない人類になる

ことはないのだろう・・・

 

 

次回は

人の認識を拡張させる教育について書くとしよう。











自分と自分のガンダムNT①「中2とニュータイプ」

 ガンダムの最新作

 

ガンダムNT(ナラティブ)

 
f:id:dakesu:20180506122923j:image

 

の放映が発表されました!

 


「機動戦士ガンダムNT」PV① - YouTube

 

自分の好きな

宇宙世紀ものということでとても嬉く楽しみでもあります。

 

 

自分が子供の頃

なぜだか家に劇場版のガンダムⅠと哀・戦士編のビデオがあった。

そして哀・戦士編の次に

0083スターダストメモリー

なぜか入っていた

(ヴァル・ヴァロのとこだけ)

 

ので、子供の頃から

暇さえあればそのビデオを見ていたので

自然とガンダムが好きに仕上がっていった。

 

自分の人生の中で

NT

という言葉は今も特別な意味を持つ

 

今回のガンダム NT が放送されるということで

自分がNT(ニュータイプ)について心惹かれた

中二の頃を思い出した。

 

自分が中学2年生の頃と言うと2001年

9.11ががあった

 

9.11があった時は

ひとつ上の兄と一緒にタモリのジャングルテレビを見ていた。

 

いきなりタモリのジャングル TV が

9.11の映像に切り替わり驚いたのと

その後の深夜アニメの放送が中止になって

落胆したのを覚えている

 

中2の自分には

9.11が世界にどういう影響があるなんて

全然考えることが出来なかったが

 

その後の世界情勢をニュースで見ると

憎しみがどんどん深まっていって

世界がどんどん戦争に向かって動いていったのを覚えている。

社会の時間に日本は戦争をしないと憲法で記しているのに

イラク戦争に対して賛成を示したことは中2の自分でもなぜか疑問を持った。



どんどん、世界が戦争に向かっていくのを感じながら

世界と自分がとてつもも遠く離れている場所で

いろいろ決定されていくのを感じていた。

 

そんなある日

自分は英語が苦手だったので英語の時間に何気なく思ったのが

「どうして世界は平和にならないんだろうか?」

という疑問だった・・・。

 

その疑問に対して中2の自分が出した答えは

「人類がニュータイプになっていないからだ」

という答えだった

 

 

ガンダム出てくるニュータイプ

「あるがままを見ただけで物事の本質を理解できる」

「真に分かりやい 理解し合い戦争を必要としない人類」

「認識が拡張された人類」

として描かれていた

 

ガンダム好きの自分としては

人類が戦争を止められないのはニュータイプになっていないからだ!

人の革新が起きていないからだ!

という結論に至ったのだ

 

中2の浅はかな知識の中で出たこの答えは

当時の自分としては

「これが人類が戦争をやめられない原因だ」

と確信をもった。

そして、その中学2年生の自分の中でなるミッションが生まれた。

 

どうにかして人類をニュータイプに進化させねばならん

(中2男子が中二病に罹患した瞬間ですね・・・)

 

 

それと同時に

 

・そもそも認識とは何なのか

・認識が拡張された状態とはどういう状態な      のか

・認識が拡張された人類(ニュータイプ)と      は一体どういうものなのか

 

という疑問が生まれた

 

生まれたが

これらに答えがでないので

無理やりだした答えが

「人類を宇宙に上げるしかない」

というものだった。

 

 

NT(ニュータイプ)

 

まだまだ、戦争を必要としない人類には

程遠い現代人

 

平和を実現しようと努力を続けている

現代人はニュータイプなるニーズを

持っち続けていると思う。